東日本大震災における生活支援相談員による被災者支援に関する研究

被災者支援の在り方を確率するためには、生活支援相談員業務を含む長期的視点での防災計画が必要であると考えられる。また、生活支援相談員の臨時雇用にも対応し、生活支援相談員が安心して勤務できるように、発災時には被災地域の特性、仮設住宅入居状況などから、その場所で求められる生活支援相談員の役割を想定した研修制度が求められる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
北村 悠希子 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
復興支援員 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
東日本大震災特別論文集 
掲載巻ページ:
No.3 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 東日本大震災特別論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)