中小規模の災害対応組織の活動過程に対する体系的な記録手法の提案-東日本大震災における七ヶ浜町ボランティアセンターの災害対応を例にして-

記録誌作成の方針,最終的なゴールが不明確であり,記録誌を作成する前にプロジェクトメンバー間でルールや方針を決めておく必要があった。また,ステークホルダー自身が記録誌を作成する手法で記録誌を作成したが,記録誌作成に携わるステークホルダーをどこまで拡大していくかという課題がプロジェクトメンバーの意見から抽出された。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 翔輔 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
支援団体 
カテゴリ:
ボランティア 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.34,No.3 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL