阪神・淡路大震災後20年を振り返って

阪神淡路大震災から20年で,日本における基盤観測網の充実,活断層や海溝型地震の長期評価,それに基づく地震動予測地図の構築等がなされ,それらの成果を受けて,災害研究に関して,地震学など地球科学研究者,建築・土木・情報工学など地震工学研究者,さらに社会心理や経済など人文・社会科学研究者との連携した研究が行われるようになったことは重要な成果と考える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
入倉 孝次郎 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災体制 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.34,No.3 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL