阪神・淡路大震災20周年に臨んで~この災害から学び,減災社会(ResilientSociety)を実現する~

(5)減災社会(ResilientSociety):ここで示した(1)から(4)を含めて,今後の社会をこのように定義したい。災害が起こった時の被害を少なくし,かつ復旧を早くするのである。従来,被害とは文明的被害,言い換えれば定量化できる被害にとどまっていた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
河 田 惠 昭 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
防災体制 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.33,No.4 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL