三陸地方における東北地方太平洋沖地震による津波犠牲者率と素因の関係

整理すると,a)大きな津波が到達したところb)津波が早く到達したところc)高台から離れた低地d)人口の多い市街地などで,相対的に高い犠牲者率のメッシュの比率が高くなる傾向が確認された。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
牛山 素行 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
人的被害 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.33,No.3 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL