東日本大震災の公表データにより求めた津波災害廃棄物発生量推定手法の四国地域への適用

3)四国4都市での津波災害廃棄物発生量を提案手法により算出した結果,到達津波高さが5.0m以下においては,徳島市の発生量が最も多く,松山市の発生量が最も少ない結果が得られた

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山中 稔 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
災害廃棄物処理 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.33,特別号 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL