航空写真と DEM データから推定した東日本大震災での津波遡上高の分布とそれら地理的特性

(1)本手法は,樹木や構造物に付着した痕跡高さに起因する遡上高の過小評価,斜面勾配に起因する標高誤差ならびに想定される真の値との各種誤差に注意する必要があるものの,現地の斜面勾配から推定される標高誤差を考慮することで再現性を高めることが可能であり,津波災害の初動対応として現地を訪れることなく広域での被害状況(津波遡上範囲および遡上高)を大凡把握するには有効である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
柳川 竜一 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
浸水被害 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.33,特別号 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL