岩手県沿岸地域を対象とした東日本大震災津波に関する地理・来襲津波・被害建物特性

(1)久慈湾や岩泉海岸,宮古湾での津波浸水面積は低平地(標高10m以下)面積を大きく下回っており,海岸線から遠い地域ほど津波浸水を免れた。一方,広田湾・田老海岸・船越湾では,津波浸水面積は低平地面積を上回っており,低平地ほぼ全てが水没してしまったことになる

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
柳川 竜一 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
津波 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.33,No.2 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL