東日本大震災で発生した津波火災における地形的影響の考察と津波火災危険度評価指標の提案

仙台平野地域では,浸水範囲に比べて火災範囲が局所的となる事例が多い。これは,浸水範囲が広く浅くなるため,ガレキの平均的な密度が低いことによる。そのため,火災は,橋や公共施設など局所的に滞留しやすい場所の周辺にガレキが集まって発生する。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
今津 雄吾 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
津波火災 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.33,No.2 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL