東日本大震災における消防防災ヘリコプターの活用結果に基づく南海トラフ巨大地震におけるヘリコプターの有効活用方法の提案

被災地域における運用拠点は空港であることが望ましいが,南海トラフの巨大地震が発生した場合も,東日本大震災と同様に,沿岸部の被災程度が相当大きいと考えるべきであり,空港の位置によっては,より効率的な運用が可能な場所とし,そこにおける運用を効果的なものとする対応策が必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
中地 弘幸 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
防災ヘリコプター 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.33,No.2 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL