東日本大震災が西日本沿岸地域住民の防災意識・行動に与えた影響の経年変化

南海トラフの巨大地震で大きな津波予想高さが公表された“高知県”では、震災以前の意識は低かったが震災を契機に意識が高まり、他地域に比して震災発生から2年が経過した時点でも危機意識があまりうすれていなかった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
金井 昌信 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
防災教育 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
No.13 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)