東日本大震災が西日本沿岸地域住民の防災意識・行動に与えた影響の経年変化

東日本大震災の発生が南海トラフの巨大地震津波によって甚大な被害が危惧されている西日本の太平洋沿岸地域住民に与えた影響について、震災発生直後、発生1年後、発生2年後、発生3年後に実施した4回のインターネット調査の結果を用いて把握した。また、個人属性として、居住地域、年齢、性別に着目し、震災以前の意識、震災以後の意識、震災前後における備えの変化、震災後の意識を分析した結果、以下のような成果を得た。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
金井 昌信 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
防災教育 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
No.13 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)