自治体の災害対応行動計画策定に資するネットワーク図原型の作成―阪神・淡路大震災を事例として―

これらのステップを着実に経ていくことで、現実に即し、実効性の高い効果的な災害対応行動計画の策定、つまり目標による管理に必要な目標の設定が可能となる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
古林 智宏 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
No.13 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)