自治体の災害対応行動計画策定に資するネットワーク図原型の作成―阪神・淡路大震災を事例として―

この結果、プロジェクトマネジメント手法を活用した自治体の地震災害対応に関する行動計画策定について、「ネットワーク図を作り、クリティカル・パスをみつける」というステップをクリアし、次のステップである「スケジュールをつくる」および「負荷をならす」に進むことができる条件が一つ整った。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
古林 智宏 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
防災計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
No.13 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)