2011年東北地方太平洋沖地震による観測記録を用いた他地点での地震動推定に関する精度評価

等価線形解析手法およびサイト特性置換手法ともに、本震時の観測地震動を良好に再現することが可能であるものの、基準点~推定点間の地形地質などが大きく異なる場合には、等価線形解析手法の適用だけでは、地震動を精度良く評価できない場合があること、特に、基準点~推定点間の地盤震動特性の差異が大きい周期帯域ではその傾向が強いことがわかった。その一つの原因として、本研究の等価線形解析手法では考慮されない2~3次元効果、中でも地形効果が考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
秦 吉弥 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)