2011年東北地方太平洋沖地震による観測記録を用いた他地点での地震動推定に関する精度評価

等価線形解析手法およびサイト特性置換手法を用いて、2011年東北地方太平洋沖地震(MW9.0)でのMLIT新晩翠橋、MLIT日立国道、MLIT神宮橋、MLIT水郷大橋、MLIT千葉国道、LIT木更津(基準点)での観測記録に補正を施すことによって、K-NET黒磯、K-NET日立、K-NET鹿嶋、K-NET佐原、K-NET千葉、K-NET木更津(推定点)における強震波形を推定し、観測波との比較検討を行い、採用手法の違いが地震動推定結果と推定精度に及ぼす影響に関して基礎的な検討を行った。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
秦 吉弥 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)