浦安地区の地盤材料物性の把握と東北地方太平洋沖地震におけるK-NET浦安地震記録を用いた基盤上昇波の推定

K-NET浦安地点における推定基盤上昇波による地震応答解析の結果、Ac層の粘性土地盤で1秒付近の加速度が大きく増幅され、表層のBF層によって0.3秒付近の加速度が若干増幅されたことがわかった。また、本解析では埋立土と沖積砂の平均有効応力低下率は1.0に近づいたものの36にまでは達しなかった。36しなかったことは実際の観測結果とも一致する。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
金田 一広 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地盤 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)