浦安地区の地盤材料物性の把握と東北地方太平洋沖地震におけるK-NET浦安地震記録を用いた基盤上昇波の推定

同定した弾塑性パラメータのもと、3次元柱状モデルでK-NET浦安で観測された東日本大震災におけるEW、NSの2方向地震動を同時に再現する基盤上昇波の推定を行った。推定方法は、基盤波と観測波の伝達関数を用いて、推定波を補正する方法である。加速度時刻歴応答や加速度フーリエスペクトルはEW成分で一部再現できていない周波数帯があるが、加速度応答スペクトルにおける第1および第2ピークなど、主要な特徴は再現することができた

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
金田 一広 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地盤 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)