東北地方太平洋沖地震の余震と微動観測記録を用いた茨城県中部における地盤震動特性の評価

東北地方太平洋沖地震の本震では、余震観測点周辺のK-NET鉾田やKiK-net岩瀬では短周期で地震動が卓越した。また、余震観測記録においても、短周期地震動の影響を受けやすいPGAの空間変化が大きかった。そこで、短周期地震動に支配的な表層地盤のモデル化のために微動探査を行った。その結果、
表層地盤は台地の中央で最も深くなることがわかった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
地元 孝輔 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)