東北地方太平洋沖地震時の非線形地盤応答の簡易指標による評価

DNL値として、水平動地表/地中スペクトル比から得るDNLHHを使用した。いずれの観測点でも,東北沖地震本震の際にはDNLHHが7以上と大きくなり,顕著な非線形応答がみられた。いずれの観測点でも、強い揺れが終わった直後数十秒からDNLHH値は低下しはじめ、水平動地表/地中スペクトル比は低周波数側から線形応答時のレベルに戻っていった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
野口 科子 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)