東北地方太平洋沖地震による新潟県中越地域の地震動の空間変化-新潟県中越地域の高密度強震観測記録の分析-

観測点のボーリングデータに基づきAVS30を計算し、増幅率との相関を確認したところ、最大加速度については既往研究と同等の関係が確認できたが、最大速度については既往の知見より傾きが小さい傾向が見られた。これは、データの地震規模や震源距離の関係から観測記録の低周波数成分の影響が強く出たためと考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
植竹 富一 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)