弱震動と強震動記録の分析に基づく東北地方太平洋沖地震のK-NET築館とKiK-net芳賀での大振幅記録の要因

上下成分は弱震動の地中に対する地表の複素スペクトル比を経験的伝達関数として、地震動ではない振動の影響がない場合の波形を推定した。推定された水平・上下成分の波形から算出した計測震度は6.2、震度6強相当であり、地震動のみでは震度7相当に達しなかったと考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 智美 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)