2011年東北地方太平洋沖地震の東京湾西岸部に於ける周期2~3秒の強震動生成要因

東京湾西岸部では、表層の地盤構造が変化に富んでおり、周期3秒以下の強震動評価あるいは予測を向上させるためには、地震観測点の密度や表層から深部までの地盤情報を充実させることが重要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
津野 靖士 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)