東北地方太平洋沖地震の際に観測された大加速度記録と周辺地盤構造の関係

MYG004では表層地盤と崖の影響により弱震時に9Hzの高振動数が卓越するが、東北地方太平洋沖地震の本震時には地盤の非線形性の影響によりピークが5Hz程度に低振動数化した。この5Hz程度のピークは、地震計基礎の浮き上がり振動によって4Hzが卓越したことも影響していることが観測記録の詳細な分析から指摘された。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
松島 信一 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)