東北地方太平洋沖地震の際に観測された大加速度記録と周辺地盤構造の関係

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の際に大加速度と震度7が観測されたMYG004とTCGH16において、また、35が多くみられたMYG006において、観測点近傍及びその周辺での余震観測記録、微動観測記録の解析および数値シミュレーションによって、観測された大加速度記録と地盤構造の関係について検討を行った研究を取り上げた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
松島 信一 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)