2011年東北地方太平洋沖地震の強震記録を用いた震源モデルの概要

断層傾斜方向の複雑な破壊進展や、同じ場所が複数回すべりを起こす動力学的な震源物理の新たな現象が確認され、地震の震源の多様性が認識された。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
三宅 弘恵 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
震源 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)