2011年東北地方太平洋沖地震の強震記録を用いた震源モデルの概要

2011年東北地方太平洋沖地震では、稠密な強震記録に基づき、数多くの震源モデルが提示された。長周期と短周期の震源像の明瞭な相違や、海溝軸付近の顕著なすべりが解明され、2011年東北地方太平洋沖地震は、従来の震源観を変えた地震の一つと言えるだろう。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
三宅 弘恵 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
震源 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)