東北地方太平洋沖地震の強震記録の距離減衰特性と地震動評価式の適用

1)Mw1次式を用いた場合は巨大地震を過大評価する傾向があり,断層最短距離、等価震源距離どちらを採用した場合でもω-2モデルに対応した震源項のモデル化が必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
大野 晋 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)