東北地方太平洋沖地震の作用を受けた通信埋設管の被災分析

本研究では、東北地方太平洋沖地震の際の地震動に曝露された通信埋設管の被害モードを分類し、地震動強さの指標としてPGA、PGV及びIJを取りあげ、それらと埋設管の被害率との関係を分析した。その際、管種、亘長及び建設年の観点から被害率の特徴を分析した。また、地中の一定の深度に埋設され地盤震動により被災するメカニズムと、地盤、橋台背面盛土及び橋桁それぞれの震動により被災するメカニズムは異なると考えられるため、それらのデータを分離した上で、さらに、36の有無によってマンホールや埋設管の被災メカニズムが影響を受けることを反映させて、被害率の特徴を分析した。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
庄司 学 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 3 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)