東北地方太平洋沖地震における仙台市悉皆調査区域の地震動と建物振動被害の関係の検討

1)過去の地震被害と同様、建築年代別の被害率の相違が大きく、古いほど被害率が大きいことが確認された。また、全壊率は村尾・山崎(2002)および翠川ほか(2011)のPGV、もしくは境ほか(2002)の周期1-2秒平均㏿度応答をパラメータとする被害率曲線と比較的良く対応することを示した。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
大野 晋 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 3 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)