光学衛星画像を用いた混合スペクトル解析に基づく浸水度の定量推定とSAR画像を組み合わせた東北地方太平洋沖地震津波への適用

SMAにより推定した水占有率とPALSAR画像の後方散乱係数の関係を検討し、水占有率が高いほど後方散乱係数が小さくなる傾向を明らかにした。そして、後方散乱係数から水占有率を推定する換算モデルを回帰式により導き、ALOSPALSAR画像から水占有率の分布を広域かつ詳細に得られることを示した

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
篠原 崇之 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
浸水被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 3 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)