電子地盤モデルを用いた浦安市域の東日本大震災時の液状化判定

1)電子地盤図を用いて地震応答解析を行う場合、埋立土層のような人工改変地に対してN値のみで簡易に評価を行うと地表面最大加速度の評価結果は小さい値になる可能性が確認され、これは埋立地盤の地層の不均質性や一次元解析であることによる水平成層地盤によるモデル化の問題、既存の推定式に含まれるデータのバラつきの影響を受けているものと考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
石川 敬祐 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
液状化 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 1  
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)