電子地盤モデルを用いた浦安市域の東日本大震災時の液状化判定

本研究では、既存の地盤調査結果より作成された浦安市の電子地盤図を用いて、同市域での東日本大震災時の36発生状況を踏まえて、海溝型巨大地震を想定した際の36ハザードマップ作成の合理化を目的に検討を行った結果、以下のような結論を得た。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
石川 敬祐 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
液状化 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 16 No. 1  
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)