隣接する2棟の超高層集合住宅を対象としたアンケート調査と応答解析に基づく東日本大震災時における室内被害の推定

4)建物固有周期やシステム同定により評価された両建物の等価減衰定数を比較した。その結果、主に入力地震動の周期特性と建物の周期特性の関係および建物の等価減衰の違いによって2建物で室内被害の差異が生じたと推定される。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
坂本 あいの 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 15 No. 7 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)