東北地方太平洋沖地震における上水道管路被害分析に基づく広域被害予測に関する検討

被害率に管路延長を乗じて被害数を推定し、水道事業体ごとの実被害数と比較を行った。被害予測式を適用する前段階として、多重ロジットモデルを用いて被害有無を判別した。この判別式は東北地方太平洋沖地震の事例のみで構築されているため、今後は普遍性に関する検討を要する。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
丸山 喜久 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
ライフライン 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 15 No. 7 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)