東北地方太平洋沖地震における上水道管路被害分析に基づく広域被害予測に関する検討

本研究では、厚生労働省によってとりまとめられた東北地方太平洋沖地震の際の上水道管路被害データを用いて、地震動強さと管路被害率の関係を評価した。水道事業体ごとに被害率を評価した場合は、既往の被害予測式の精度はある程度良好であることが確認できた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
丸山 喜久 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
ライフライン 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 15 No. 7 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)