東日本大震災の液状化被害に見る液状化研究の課題

高度な解析の精度を上げるには、それに見合った材料変形特性の評価が欠かせない。残念ながら、現状の非排水36強度は、土材料の36に至る過程、その後の変形特性、ねばりをうまく評価できていないので、性能設計は実効的になっていないと言うのが第一の指摘である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
風間 基樹 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
液状化 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 15 No. 7 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)