1944年東南海地震の広域震度分布の再評価と被害の特徴

1944年東南海地震の被害統計資料の整理と震度分布の評価を行った。その結果飯田データの誤りを正し集計値と整合のある市区町村データを新たに整備することができた。それらに基づいて震度分布図を作成し地域毎の揺れの特徴をわかり易く表現することができた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
武村 雅之 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 15 No. 7 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東南海地震 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)