東日本大震災における「主体的な津波避難」に関する考察―山田町・旧石巻市域での比較分析―

ハザードマップ活用に関する先行研究でも指摘されているように,日常的な自然環境との向き合い方は,自然環境の非日常時のイメージを持とうとする意識につながっていたと考えられる.言い換えれば,三陸沿岸集落において,なりわいを介した沿岸環境との相互作用として非日常時の津波イメージ醸成につながっていたことが示唆されよう.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
市古 太郎 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
避難行動 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 15 No. 5 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)