東日本大震災における「主体的な津波避難」に関する考察―山田町・旧石巻市域での比較分析―

山田町において徒歩避難訓練といった事前準備策を通じ,徒歩避難可能な地形環境が認知され,津波来襲時,徒歩避難する自己行動イメージ形成につながっていた,と推察できよう

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
市古 太郎 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
避難行動 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 15 No. 5 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)