東日本大震災における「主体的な津波避難」に関する考察―山田町・旧石巻市域での比較分析―

本研究は「迅速かつ主体的な避難」という視点から,避難生活をされている方へのインタビュー調査をもとに,東日本大震災時の津波32の分析をおこなった.得られた知見は次のようになる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
市古 太郎 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
避難行動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 15 No. 5 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)