LONG-TERM MONITORING OF AMPLITUDE DEPENDENT DYNAMIC CHARACTERISTICS OF A DAMAGED BUILDING DURING THE 2011 TOHOKU EARTHQUAKE

2) The amplitude dependency of the natural frequencies and damping factors is investigated based on the system identification using the observation data in the heavily damaged building.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
Masato MOTOSAKA 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 15 No. 3 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)