2011年東北地方太平洋沖地震における仙台市丘陵地造成宅地の被害分析-盛土・切盛境界・切土における宅地被害率と木造建物被害率-

5)旧地形勾配と宅地被害の関係では、盛土・切盛境界ともに勾配に比例して被害率が大きくなる傾向が認められ、特に切盛境界の方が明瞭である。また、木造35(全壊)では、盛土および切盛境界ともに旧地形勾配との関係は明瞭ではなく、どちらも被害率は概ね1~2%でほぼ一定である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 真吾 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
丘陵住宅地 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 15 No. 2 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)