2011年東日本大震災に伴う人間被害の激甚性既往地震群との対比でみる死者発生の年令等依存性

通常CWAP≡{Children 子供、Women 女性、Aged People 老人、Poor or Patient 貧困者あるいは病人・障害者)と略称される災害弱者}のうち、特にその主体となるChildren 子供(本論ではInfants 乳幼児)、Aged People 老人(本論ではElderly People 高令者)に的を絞った形で、地震・津波襲来に伴って発生する急性期の死者について、既往文献を通じてData収集を行い、「年令区分別死亡率」を主指標とした分析を実施した。その結果、横軸を年令軸、縦軸を死亡率とした座標上でみた場合、それらが英語の大文字であるU字型、J 字型を2大代表とし、さらに年令に依存しない高、低両極端からなるFlat型の4パターンに集約できることを確認した

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
太田 裕 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
人的被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 15 No. 2 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)