関東平野における2011 年東北地方太平洋沖地震の強震動シミュレーション― 疑似点震源モデルの適用 ―

2011年東北地方太平洋沖地震に対して提案されている疑似点震源モデルと、伝播経路特性のQ値および幾何減衰の双方の折れ曲がりを考慮した伝播経路モデルを用いれば、2011年東北地方太平洋沖地震の際の関東平野における地震動は概ね説明できると言える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
若井 淳 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
平野 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 15 No. 1  
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)