東日本大震災におけるガソリン供給問題に関する検討と システムダイナミクス・モデルの適用

資源エネルギー庁の資料などやJX仙台製油所へのヒアリングから,被災地域内のガソリン供給のボトルネックとして,製油所や油槽所からSSにガソリン等を供給するタンクローリーの不足があったこと,②タンクローリーが1日に運送できる回数は通常時は3回が標準だが,タンクローリーにガソリンを積み込む製油所や油槽所のタンクローリー積場機能が被害を受けると1日に運送できる回数が少なくなること,などが明らかとなった.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐伯 琢磨 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
ライフライン 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 14 No. 1 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)