仮設住宅でつくられるソーシャル・プロダクト  -東日本大震災の仮設住宅で行われている様々な物づくり-

仮設団地の中には作るプロダクトがとても売れ、外部から人が引っ切り無しに訪れているところがある。そこでは交流が活発化しており、作り手が楽しい時間を過ごしながらも、プロダクトの販売によっての利益も得ている。それではなぜそのような状況になっているのかと言えば、商品の魅力が大きい。プロダクトに魅力があるから人は訪れ、そのことで交流が生まれ、楽しい時間を継続的に過ごすことができている。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
野村尚克 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
応急仮設住宅 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会誌 復興 通巻  
掲載巻ページ:
第15号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会誌 復興 通巻
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)