災害復興研究の意義と展望 ―東日本大震災の復興同時進行研究から―

東日本大震災までの三つの震災復興過程から、これからの復興研究が目指す方向を展望すれば、進行している災害復興に寄り添い有効な支援につなげる「復興支援研究」という事後復興研究の在り方を切り開いていくとともに、被害想定が事前に公表される時代であるから被害想定をもとに、より良い復興を思考する「事前復興研究」の確立が重要になってきている。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
中林一樹  
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会誌 復興 通巻  
掲載巻ページ:
第15号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会誌 復興 通巻
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)