災害復興研究の意義と展望 ―東日本大震災の復興同時進行研究から―

生活回復の見通しこそが東日本大震災の津波被災地の復興のカギとなっている。原発被害地域では、さらに日常生活を安心して回復するためのきめ細かな汚染対策を含む『地域の安心』の回復が重要な「復興の鍵」となっている。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
中林一樹  
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会誌 復興 通巻  
掲載巻ページ:
第15号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会誌 復興 通巻
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)