災害復興研究の意義と展望 ―東日本大震災の復興同時進行研究から―

道路事業や公園事業に加えて、土地区画整理事業、都市再開発事業、津波防災拠点市街地形成事業、防災集団移転促進事業や集落環境整備事業などの事業手法による「基盤復興」は、従前の市街地や地域の基盤整備状況が本来必要な水準に達していなかったためで、多くの費用と時間をかける都市計画事業としての「基盤復興」は日本の災害復興の特徴である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
中林一樹  
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
都市計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会誌 復興 通巻  
掲載巻ページ:
第15号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会誌 復興 通巻
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)